Dukem

Dukem



ダンフォースエリアのエチオピア料理。
もうちょっとアップで撮りたかったこのお皿
4人がけのテーブルの中央に置いてこれなので結構なサイズ。
50センチ弱、、、はあるかな。
手前のコロコロしてるのが牛肉カレーの様なの
左の黄色いのはひよこ豆ペースト、その上はレンズ豆
あとは良くおぼえてないけど、ラム肉カレーと
ほうれん草ペーストだのケールだの他の豆だの。。。
盛りだくさん、これで2人前。
これを、左上にナプキンみたいに三角に置かれたそば粉クレープを
ちぎりちぎり、ちょっとずつ包んで手で食べる。
もう入らないなあ、、、と思い始めた頃に見えてくる
お皿の底にも敷いてあるクレープ、野菜やお肉の汁がしっとり浸透して
これがまた美味しい。。。
妊婦腹、さらに巨大化。

エチオピア料理、前から好きだったけど
ここのはとても味付けが優しくて、はち切れそうに食べても
あんまりもたれないのが良い。

NYからLabor Day Weekendを使って訪ねてくれた仲良しのMさんと。
楽しかった〜、、、ってもう4月のことですが。
一緒に行ったベジ殿にはベジ専用プレートを作ってくれました。
小さくてこじんまり、プラスチックプレートでカジュアルだけど
お店の人もとても優しい感じで落ち着きます。
座布団4枚。



fc2_2013-07-11_16-39-02-506.jpg

おまけ妊婦話。
布おむつに挑戦してみます(すぐ挫折しそうだけどね、ま、とりあえず)
ここのところお天気が優れませんが
先先週一日だけ晴れた日、一気に洗濯大会。
友人にもらったり、新しく買って来たりしたものを干してみる。
うう、、、かわいい。
で、これらをひっくり返すとですね
てんとう虫模様だったりオレンジだったり赤だったり
するわけですよ。それを付けたベビーの写真をお楽しみに。
着ぐるみ好きの私、これって布おむつでしか味わえない楽しみ。
はい、予定日まで残すところあと1週間。
今夜には日本からおばあちゃん(にもうすぐなる母)到着!

Leslieville Pumps

Leslieville Pumps



かわいいお店発見。
レスリービルにあるガススタなんですが
中は昔風のデリみたいになってて
カウンターで軽食をオーダー出来ます。
ここの朝ご飯サンドイッチ、ボリュームがすごいけど
食べ甲斐あり、ハムも美味しくてパンも食感よし。

写真左上はコーンフリット。(小さなコーン揚げパンみたい)
奥は見にくいですが、ベジ殿のグリルドチーズ。
しかしどれも重ためなので
がっつり朝食の気分でないと行けないかな。

leslieville pumps1

メニューはこちら

l-1.jpg

さて、妊婦報告ですが、予定日まで残すところ8日となりました
「お腹小さいねえ」と何人もの人から言われるんですが
私にとっては、「巨大」としか言いようの無いお腹を抱えて
普通に運転したり、買い物したり、散歩したり
ついでにNY州だった運転免許をOntario州に変えたり
今のうちに、と外食デートしたり、ヘアサロン行ったり
など、毎日何かと動いてます。
しかし何をするにも2倍時間がかかります。
妊婦さんってペンギンみたいで可愛いよな〜
って思ってたけど、あれって可愛いとかの話じゃないのね
足はむくむくだし、早く歩くとお腹が張るし、、、
臨月に入るとヒョコヒョコとしか歩けない訳です。
それでも、妊婦生活は笑えるポイント満載でなかなか楽しいものです

それはそうと最近「アメリカで出産が世界一高い」
という記事がNew York Timesで取りあげられてました
月々保険を払っている人でも、(月々300$/3万円くらいとかからピンキリ)
最低の自己負担費用は$3500から。
エコー検査してもらって請求が$900とか。
無痛分娩を希望すると$750とか。
うわぁぁ、、、
私は本当に良く出来たタイミングでカナダに越して来たようです。

カナダでは国民健康保険で出産費用は全額カバーです。
(水中分娩とか、特別なケアを希望すれば別途、のはず)
それには助産婦さんのケアも含まれていて
今までに払ったのはプレママ・パパクラスに$200
あとは必要な処方箋をだしてもらっても$6とか。
天国の様な話だ。

日本は3割負担ですが
ヤクザみたいな保険制度のアメリカが長かったので
カナダ医療にお世話になる度ひたすら感激の毎日。
カナダさまさま、ありがたや。

Burger day




大変ご無沙汰しております。
美味しい話と写真はどんどんたまって行くのに
一度ブログ無精すると、忙しさと妊婦のぐうたらを理由に
なかなか遠のいてしまうものですな。

というわけで、もう2週間前の話ですが美味し楽しい報告を。
woceanさんに声をかけてもらって行ってきました
今年で2回目の開催だそうな、バーガーデー。
一人$30で入場、3口サイズくらいのミニバーガーを
何十店舗もあるテントに並んで食べまくり。
もう、楽しくて楽しくて、どれがどこのバーガーだったか、、、

この楽しさの様子は主催者のビデオでどうぞ

まずは大好きなUtopiaのバーガーを紹介したいところなんですが
テントでせっせと働くwoceanさんに会えて嬉しかったのと
盛り上がっちゃってるのとで、写真も撮らずにペロリ。
美味しかった〜。ランキング上位入りですよもちろん。



気変わりなお天気で、青空の下で4つ目くらいをほおばってると
アマゾン級の土砂降りになったり。。。
それでもみんな気合いで食べ続けてたけど。
上のお店、美味しかった。



ここのも美味しかった。
このバーガーデー、最高に楽しかったけど
一つだけ問題点は、食べ放題だけに、なるべくたくさん味見しようと
ゴミ箱には一口かじった後のバーガーが山積みに。
これはかなりの罪悪感である。
でもやっぱりあんまり美味しくないやつはどうしても同じ運命に。
一個いくら、って一つずつ取るようにしたら
競争率も上がっていいんじゃないかと。
来年はどういう方針で行くのか、楽しみなところです。


おまけ:最近の仕事場に近いので、お世話になってます。
Tokyo Kitchen
今日はランチのお弁当Aセット。(みそ汁は別途)
盛りだくさんの天ぷらだの鳥照り焼きだのいろいろ入って$10弱。
やっぱり日系のところは塩分キツすぎたりしないのがいいね。

Burgers

前から気になっていたHarbord Roomで、久しぶりのデート。



ここのバーガーは、各紙のランキングに必ず入ってる。
これで$16。高級バーガーのカテゴリーにしては良心的。
フライも、自家製ケチャップもマヨも美味しい。
コールスローはもうちょっとすっきりした味付けだったら良かったかな。
その後ろは妊婦御用達のバージンシーザーなり。



さて、バーガー。
美味しい!香ばしいバンの食感、パテのジューシーさ、
主張しすぎないチェダーとキャラメルオニオンのバランス
文句なし。座布団4枚。
お値段も考慮に入れて、トロントの高級バーガー番付トップ!
Nota Beneもとっても美味で好きだけど
やっぱりバーガーに$20以上って抵抗を覚える。
おにぎりに千円払う、のと似てる、、、かな。

高級系で次に気になるのはRichmond StationとThe Drakeです。



Harbord Roomのデザートメニューは
素材の組み合わせがとてもお洒落で魅力的。
今回はBlood Orange & Olive Oil Cake
真っ赤なオレンジの香りでしっとりのスポンジケーキ。
ホワイトチョコカスタードのディップがまた良く合う。
この色合いからしてかわいいじゃないですか。
んんん。幸せ。

お次はC'est Whatのラムバーガー
ビール好きの友人がクリーブランドから訪ねて来たので
カナダ産地ビールを楽しめるこの店へ。
yelpで調べたらラムバーガーが美味しいとのコメントが多かったので挑戦。
お味は、、、まあまあかな。
可もなく不可もなく、ラムの香りが好きな方には良いでしょう。
バーガーとしては座布団1、5枚ほど。
ビールと並んでカナダの代表各、プーティンは美味しかったです。
プーティンとは、フレンチフライの上にチーズとビーフグレービーソース
が、ぐっちゃりかかっている高カロリーの食べ物です。
カナダ人、これ好きだよねえ。。。

地ビールが楽しめたようで友人は大喜びでした。


New York



ある朝の妊婦の朝食。
ヨーグルトにバナナマフィン(作った!)にイチゴに
ノンカフェインアールグレイ。

何度も書いてますが
妊娠してからというもの、毎朝のしっかり朝食は欠かせなくなった。
前は朝昼兼用、とか朝抜きとかしょっちゅうだったけど
今は朝食をすごく楽しみに起きる。
先週、妊娠関連で「朝ご飯を食べずに検査」というのがあったんですが
朝メシ食べれないのがあんなに悲しいとは。

25週目に入ってバスケットボール抱えてるみたいになってきました
「どうしても食べたい病」は6ヶ月に入ったあたりから
ケロッとなくなって普段と同じように、魚もラーメンもバーガーも
また食べたくなってきてる。人間の身体っておもしろい。
最初の3、4ヶ月は、体内で起こる前代未聞の異変に
全身でアタフタする期間、なのかも。
だからいろいろわけわかんない現象が起きるのね。
妊娠以来一貫して変わらないのは、
大量のフルーツと甘いもの好きになったこと。
お酒飲まない人って甘い物好きだな、と思ってたけど
甘いものが美味しいのは禁酒中ってのもあるだろうな。
しかし食べまくってるのに腹回り以外が丸くならないのは
それだけのエネルギーをお腹の中の命が吸収してるらしい
生まれてから後、食べグセを治さないと怖いな。

さてそれはそうと
3泊オンリーの超クイックニューヨーク、やってきました。
お仕事1日、食べ物と買い物に1日。短かったけど大満喫。



ベーグルはね、やっぱりニューヨークのが一番美味。
トロントはもちろん、ボストンとか他の街でも食べるけど
このちょうどいいしっとり噛み応え抜群の食感はなかなかない。
しかも、ここ、ブルッックリンのBergen Bagels は世界一だね。
良く聞くのは、水が違うんだとか。同じレシピで作っても
ニューヨーク以外の水でやるとこうはならない、、、
てのは神話かな?
焼きたてを6つ、トロントまでお持ち帰り。ベジ殿、大感激:)



同じくブルックリン、最近出来て気になってたお店、Ganso
便はいいが、ゲトーモールど真ん中の変な場所にあるのに
小洒落た内装っていう不思議なお店なんですが
あっさり、正統派しょうゆラーメン。これがさ、旨いのよ!
びっくりです。
ニューヨークはここのしょうゆと、chukoの豚骨かな。
うわさでは、Tottoの味が落ちたらしい。。。合併したとか。
それは非常に残念。。。



麺は細麺、山頭火のに似てますが、しかし粉っぽさがなくて
噛み心地も麺そのものの味もとても良い。

ところで、あのフルトンモールってば
昔は通り道だったのでたまにお世話になったけど
30年くらい経っても変わらないだろうな。
どうやって考えても理解出来ないファッションのおばちゃんとか
世界が割れそうなくらいの音量で携帯で激怒してるおっちゃんとか
とにかくあそこにしかない訳の分からんエネルギーがある。
そこに普通に繁盛してるラーメン屋、これもまたおもしろい。

さて、シメはやっぱり芸道で、シメだけに、シメ鯖定食。
鮭の粕味噌汁にオクラのおひたし、納豆玉子付き。
くぅ、泣けるね。マスター、ありがとう。