Dukem

Dukem



ダンフォースエリアのエチオピア料理。
もうちょっとアップで撮りたかったこのお皿
4人がけのテーブルの中央に置いてこれなので結構なサイズ。
50センチ弱、、、はあるかな。
手前のコロコロしてるのが牛肉カレーの様なの
左の黄色いのはひよこ豆ペースト、その上はレンズ豆
あとは良くおぼえてないけど、ラム肉カレーと
ほうれん草ペーストだのケールだの他の豆だの。。。
盛りだくさん、これで2人前。
これを、左上にナプキンみたいに三角に置かれたそば粉クレープを
ちぎりちぎり、ちょっとずつ包んで手で食べる。
もう入らないなあ、、、と思い始めた頃に見えてくる
お皿の底にも敷いてあるクレープ、野菜やお肉の汁がしっとり浸透して
これがまた美味しい。。。
妊婦腹、さらに巨大化。

エチオピア料理、前から好きだったけど
ここのはとても味付けが優しくて、はち切れそうに食べても
あんまりもたれないのが良い。

NYからLabor Day Weekendを使って訪ねてくれた仲良しのMさんと。
楽しかった〜、、、ってもう4月のことですが。
一緒に行ったベジ殿にはベジ専用プレートを作ってくれました。
小さくてこじんまり、プラスチックプレートでカジュアルだけど
お店の人もとても優しい感じで落ち着きます。
座布団4枚。



fc2_2013-07-11_16-39-02-506.jpg

おまけ妊婦話。
布おむつに挑戦してみます(すぐ挫折しそうだけどね、ま、とりあえず)
ここのところお天気が優れませんが
先先週一日だけ晴れた日、一気に洗濯大会。
友人にもらったり、新しく買って来たりしたものを干してみる。
うう、、、かわいい。
で、これらをひっくり返すとですね
てんとう虫模様だったりオレンジだったり赤だったり
するわけですよ。それを付けたベビーの写真をお楽しみに。
着ぐるみ好きの私、これって布おむつでしか味わえない楽しみ。
はい、予定日まで残すところあと1週間。
今夜には日本からおばあちゃん(にもうすぐなる母)到着!

Leslieville Pumps

Leslieville Pumps



かわいいお店発見。
レスリービルにあるガススタなんですが
中は昔風のデリみたいになってて
カウンターで軽食をオーダー出来ます。
ここの朝ご飯サンドイッチ、ボリュームがすごいけど
食べ甲斐あり、ハムも美味しくてパンも食感よし。

写真左上はコーンフリット。(小さなコーン揚げパンみたい)
奥は見にくいですが、ベジ殿のグリルドチーズ。
しかしどれも重ためなので
がっつり朝食の気分でないと行けないかな。

leslieville pumps1

メニューはこちら

l-1.jpg

さて、妊婦報告ですが、予定日まで残すところ8日となりました
「お腹小さいねえ」と何人もの人から言われるんですが
私にとっては、「巨大」としか言いようの無いお腹を抱えて
普通に運転したり、買い物したり、散歩したり
ついでにNY州だった運転免許をOntario州に変えたり
今のうちに、と外食デートしたり、ヘアサロン行ったり
など、毎日何かと動いてます。
しかし何をするにも2倍時間がかかります。
妊婦さんってペンギンみたいで可愛いよな〜
って思ってたけど、あれって可愛いとかの話じゃないのね
足はむくむくだし、早く歩くとお腹が張るし、、、
臨月に入るとヒョコヒョコとしか歩けない訳です。
それでも、妊婦生活は笑えるポイント満載でなかなか楽しいものです

それはそうと最近「アメリカで出産が世界一高い」
という記事がNew York Timesで取りあげられてました
月々保険を払っている人でも、(月々300$/3万円くらいとかからピンキリ)
最低の自己負担費用は$3500から。
エコー検査してもらって請求が$900とか。
無痛分娩を希望すると$750とか。
うわぁぁ、、、
私は本当に良く出来たタイミングでカナダに越して来たようです。

カナダでは国民健康保険で出産費用は全額カバーです。
(水中分娩とか、特別なケアを希望すれば別途、のはず)
それには助産婦さんのケアも含まれていて
今までに払ったのはプレママ・パパクラスに$200
あとは必要な処方箋をだしてもらっても$6とか。
天国の様な話だ。

日本は3割負担ですが
ヤクザみたいな保険制度のアメリカが長かったので
カナダ医療にお世話になる度ひたすら感激の毎日。
カナダさまさま、ありがたや。

New York



ある朝の妊婦の朝食。
ヨーグルトにバナナマフィン(作った!)にイチゴに
ノンカフェインアールグレイ。

何度も書いてますが
妊娠してからというもの、毎朝のしっかり朝食は欠かせなくなった。
前は朝昼兼用、とか朝抜きとかしょっちゅうだったけど
今は朝食をすごく楽しみに起きる。
先週、妊娠関連で「朝ご飯を食べずに検査」というのがあったんですが
朝メシ食べれないのがあんなに悲しいとは。

25週目に入ってバスケットボール抱えてるみたいになってきました
「どうしても食べたい病」は6ヶ月に入ったあたりから
ケロッとなくなって普段と同じように、魚もラーメンもバーガーも
また食べたくなってきてる。人間の身体っておもしろい。
最初の3、4ヶ月は、体内で起こる前代未聞の異変に
全身でアタフタする期間、なのかも。
だからいろいろわけわかんない現象が起きるのね。
妊娠以来一貫して変わらないのは、
大量のフルーツと甘いもの好きになったこと。
お酒飲まない人って甘い物好きだな、と思ってたけど
甘いものが美味しいのは禁酒中ってのもあるだろうな。
しかし食べまくってるのに腹回り以外が丸くならないのは
それだけのエネルギーをお腹の中の命が吸収してるらしい
生まれてから後、食べグセを治さないと怖いな。

さてそれはそうと
3泊オンリーの超クイックニューヨーク、やってきました。
お仕事1日、食べ物と買い物に1日。短かったけど大満喫。



ベーグルはね、やっぱりニューヨークのが一番美味。
トロントはもちろん、ボストンとか他の街でも食べるけど
このちょうどいいしっとり噛み応え抜群の食感はなかなかない。
しかも、ここ、ブルッックリンのBergen Bagels は世界一だね。
良く聞くのは、水が違うんだとか。同じレシピで作っても
ニューヨーク以外の水でやるとこうはならない、、、
てのは神話かな?
焼きたてを6つ、トロントまでお持ち帰り。ベジ殿、大感激:)



同じくブルックリン、最近出来て気になってたお店、Ganso
便はいいが、ゲトーモールど真ん中の変な場所にあるのに
小洒落た内装っていう不思議なお店なんですが
あっさり、正統派しょうゆラーメン。これがさ、旨いのよ!
びっくりです。
ニューヨークはここのしょうゆと、chukoの豚骨かな。
うわさでは、Tottoの味が落ちたらしい。。。合併したとか。
それは非常に残念。。。



麺は細麺、山頭火のに似てますが、しかし粉っぽさがなくて
噛み心地も麺そのものの味もとても良い。

ところで、あのフルトンモールってば
昔は通り道だったのでたまにお世話になったけど
30年くらい経っても変わらないだろうな。
どうやって考えても理解出来ないファッションのおばちゃんとか
世界が割れそうなくらいの音量で携帯で激怒してるおっちゃんとか
とにかくあそこにしかない訳の分からんエネルギーがある。
そこに普通に繁盛してるラーメン屋、これもまたおもしろい。

さて、シメはやっぱり芸道で、シメだけに、シメ鯖定食。
鮭の粕味噌汁にオクラのおひたし、納豆玉子付き。
くぅ、泣けるね。マスター、ありがとう。

soy sauce

うわあ、一ヶ月もサボっちゃった。
ホソボソと気まぐれに、宣伝もせずにやってるブログですが
それでも毎日見て下さっている方が何人もいるようで
そんな有り難い皆様、長らく音沙汰無いまま失礼致しました。



クソ忙しくなったのと、日本から家族が訪れていたのと、が言い訳。
2日前からやっと落ち着いてパソコンに向い
美味しい物への意欲も湧いてるし、キッチンに立つ気力も戻って来たので
まずは、久しぶりにグラノラ作り。
これとヨーグルトとフレッシュベリーは妊婦になってからの必需品。
毎朝「さ、グラノラヨーグルトっ」と楽しみに起きる。

中身はいろいろ試しましたが
どうもナッツ系はすぐニキビになる気があるので
最近落ち着いたコンビはこれ:
ドライクランベリー、かぼちゃの種、胡麻、ココナッツフレーク
オーツ麦、メープルシロップ、玉子の白身。
混ぜて、オーブンで18分。イージーシンプルな香ばしい幸せ。
たくさん作って大きな瓶に入れ、これで2、3週間は安心。


さて、本題に入ります。
日本から父が持って来てくれた、麗しの一本。
松野醤油の極上丸大豆醤油。



どこにいても何でも手に入るこのご時世
しかしこの醤油、わざわざ京都まで足を運ばないと買えない!
それを聞いただけでも価値観倍増。



その有り難い価値だけでなく、味そのものも素晴らしい。
写真でわかるかどうか、、、ちょっと赤みがかったこの醤油
こっくりと深く、調度良い塩加減、繊細な京都の香りですわな。
あんまり美味しくて、なかなか使う気になれない
ってまったく厄介な悩み。

今日はこの美味しい醤油を存分に楽しむ為の一人ランチを創作。
題して:フワ玉子納豆のせ大根おろしで戻したワカメ丼。
うまい。涙出る。
大豆文化バンザイ、日本食バンザイ。

味覚変動 vol.2

北米東部を襲った大雪嵐、NEMO。(可愛い名前がついてる)
トロントは「積もったなあ」ぐらいで終わりましたが
日曜からNYで予定してた仕事、
ボストン在住のメインの仕切り役がNYまで出て来れずキャンセル!

結構楽しみにしていたNY行きがキャンセルになり
残念だけど降って湧いた休日を楽しもう、、、とまずは昼寝。
で、昼寝から起きたら停電。わぉ。
夕方6時頃から明け方6時まで電気なし。
雪とは全く関係なく、変圧器のなんとか、の故障で
家の周辺2ブロックだけ、真っ暗。
今借りている家は、暖房も台所レンジも全て電気。
電気が無いって本当に不便なんですねえ。
しかし翌朝には戻るとの通達だったので
キャンドルやらブランケットやら集めて来て何やらキャンプ状態
電話もネットもなし。結構楽しかったりして。

でも良く降りましたねえ。30センチくらいは積もったのかな?
土曜日、雪かきで半日終わっちゃいました。
で、そろそろ本題に入ると、
妊婦になってから、始めて体験する食事情、いろいろあるんですが
そのなかから感動のハイライトを。

雪かきしまくった土曜の夜
「たくさん働いたご褒美」という名目で
アイスクリームを買いに行った。夜9時。
、、、これって別に珍しくない人もいるらしいけど
ふだん甘党でない私、アイスクリームって自分では買わない。
わざわざアイスを買いに出かけるのは中学校以来始めての行為。
夜道をブーツはいて完全防寒でアイスを買いにいくベジ殿と私。



日曜夜9時、きゃぴきゃぴとオーダーする若い女の子達がいたりする。
ふーん、そういうものか。
アイスの種類、トッピングだのカップだの、オプションがあり過ぎて焦る。
悩んだあげく、メープルシロップアイスに
チョコチップとクッキーを混ぜてもらう。
カナダだけにね。



でかいっっ。しかも$6もする。
と騒いだら「いつの時代から来たんだ」と言われてしまった。
妊婦の勢いで結構食べれたけれどやっぱり甘すぎて完食は断念。
二日にわけて食べました。
でも「夜アイスを買いにいく」はかなり楽しかった。



其の二。
朝ご飯、かなりしっかり食べます。
グラノーラヨーグルト、いちご、はちみつバターパン。
フルーツを毎朝しっかり食べたくなるのも始めて。



そして何よりヨーグルト。消費量がすごい。
750グラム容器、一週間持たない。(一人で)
いろいろ試したけど、リベルテの0%バニラが一番好き。
甘すぎず、0%で罪悪感も低く、食感がたまらん。



最後に、どーーーしても食べたくなったシリーズ
今回は親子丼。
思い立ったその場所から一番近いKenzoで食べた。。。失敗。
あまりにお腹がすいていたのでとりあえず完食後、
親子丼て紅ショウガ乗ってるっけ?
鶏肉、揚げてある、、、?
グリーンピースも、、、入ってたかな?
親子丼にごく近い、何かおもしろい創作料理だった。