Burger Week

うわぁ、どうしよう、、、
こんなのみつけてしまった。

Oh no... didn't mean to find this out...now I have to go...


BURGER WEEK
BURGER_HEADER12.jpg





Mother's Dumplings

Mother's Dumplings



チャイナタウンの餃子屋さん、Mother's Dumplings。
ここ、大好き。
スパダイナ通りにあるもう一つの餃子屋も行きましたが
生地と中身バランスや大きさなど、ここのが丁度よいです。

チンタオビールに茹で白菜豚肉餃子。うまい。
 (蒸し餃子より茹で餃子がプルプルでおすすめ)
野菜と春雨や豆腐の餃子もあってベジ殿も大ファン。
餃子以外は当たり外れがありますが
ネギ焼き、たたきキュウリサラダは当たりで良く一緒にオーダーします。
冬の寒い日はうどん系も美味しい。(バカでかい)
今回はFestival Spring Rollに挑戦。
野菜炒めを甜麺醤と一緒に皮にはさんで食す。
中華版タコス、これも美味なり。

病院へ行って、お金を一銭も払わない。という奇跡的な感動を味わってからはトロントの物価の高さにも文句を言わなくなりましたが、ここのお値段もわりとしっかり目です。餃子屋はNYのVanessa's Dumplingみたいに「安っっ、うまっっっ!」が嬉しいんですが。同じ量食べて税金も入れたら倍額になるな。
(って結局文句言ってるじゃないか。失礼。)

でも好きです。座布団3枚。
夕食時は大抵行列ができます。


This is our favorite dumpling joint. The pork and bok choi BOILED dumplings with Tsintao beer is my meal of ultimate happiness. Side dishes are hit-or-miss, but crushed cucumbers and scallion pancakes are always solid. Also just discovered Festival Spring Roll, which is basically a chinese vegetable fajita, and we really liked it. I only wish the prices were just a touch lower. I miss Vanessa's Dumplings in NY. Ok, I understand it's a Toronto price, but c'mon, it's dumplings!! 3 zabutons.


今回はニラ餃子。これも美味しい。
This time I tried pork and chives. Also very good.


Festival Spring Roll

金とんラーメン/Kinton Ramen

Kinton Ramen



行ってきましたよ。
お友達になったラーメン通のDさんと共に、らーめんオタク二人
いざ、待望のトロント初、日本人経営ラーメン専門店へ。
オープンから一週間後、金曜の5時45分に到着
すでに並び始めてました。

初夏の気持ちよく晴れ上がったらーめん日和
これはビールと餃子スタートしかない、と決めて行ったのに
リカーライセンス待ちらしく「アルコールはまだ飲めません」
、、、がっくし。
しかしですね
ここは居酒屋Guuと同じく、とにかく騒がしいっっっっのです。
元気よく盛り上がってる感じは良く伝わるんですが
「ぃらっっっしゃいあせーーーーっっっ」
「ぉぉおーきゃくさまおけーりでーーすっっっ」
「X@)*#$)*$^*ーーーーー!!」(何を言っているかよくわらかない)
絶え間ないかけ声に
カウンターに座ろうもんなら自分の話す声すら聞こえない、、、
ので、さっさと本命らーめんを試食して
ゆっくり近所にビールを飲みに行くことに。

さて、本題に入ります。
しょうゆらーめん、背脂なし、ポークベリーチャーシュー、をオーダー。
座布団、、、んんん、、、1.5枚。
目指せラーメン激戦区の第一号店、盛大に応援をしたい私ですが
全てにおいて少々気合い入れ過ぎ、が正直な感想です。
スープ、麺、チャーシュー、玉子、全ていっぺんに主張ありすぎて
塩気とボリュームの印象のみが強く残りました。
こだわり外注らしい麺は太さとコシがありすぎで一生懸命食べる感じ。
20時間煮込んであるだけあって良くダシが出ているスープながら
塩分が強すぎてスープを楽しむには至らず。
翌日の今も舌に塩気が残る気がします。
このままの麺とスープ濃度を更につめて、つけ麺にしたらきっと美味しい。

それでも待ち望んだ「本格らーめん」には違いないです。
らーめんは人によってだいぶ好みの別れるものですから
yogirice評価としては、Koyoiの水曜限定ラーメンに軍杯が上がりますが
濃い味好きの外人狙いならここは大ウケかもしれない

次なるラーメン店オープンはいかに。
山頭火かな? Momofuku? Raijinかな?

ラーメンデートに付き合ってくれたDさんに感謝。
あ〜楽しかった。また行こうね〜!

I finally went to check out the first REAL ramen shop in Toronto, which opened last week. Arriving with my new ramen-nerd friend on a Friday around 5:45, a line had already started to form. On this particular day it just happened to be the perfect weather for beer and gyoza, so imagine my disappointment when I learned that they are still waiting or the liquor license and can't serve any beer... whaaaaa??!?! However, maybe it was better to just get a quick bowl of ramen and head out to another bar because this place (just like it's sister restaurant, Izakaya Guu) is SO loud. They've made it their thing: shouting out greetings, orders, whatever, even some words I don't understand... ALL THE TIME. If you sit at the counter you can't even hear your own voice when speaking to the person sitting next to you.

Anyways... on to the ramen. I ordered syoyu ramen, light, with pork belly cha-shu. My honest rating is 1.5 zabutons.

I am still supportive of this place, as it is a real real ramen joint with the potential to inspire others, but the whole experience of this bowl was... overpowering. Super rich and melting pork, well seasoned egg, too thick and almost rubbery noodles (which are ordered from some factory in Toronto), and a broth cooked for 20 hours that is well flavored but finished with too much salt. It would be much better to keep the same noodles and make the broth even thicker, to serve "Tsuke-men" style. A day later I can still feel the salt burn on my tongue.

Ramen has so many different styles and people have different opinions about it. Although my current favorite is still Koyoi's Wednesday-only ramen, Kinton might be good for westerners who like a strong and punchy taste over a more complex and sensitive style.

Looking forward to the next newcomer. Who will open first – Santouka? Momofuku? Raijin? The Toronto ramen battle has truly begun!

Thanks to my friend D for sharing our fun ramen night. Can't wait for the next one!



Kinton Ramen  on Urbanspoon

Evgeny Kissin

久しぶりに音の話題を。

ct-ent-0424-kissin-review-20120423-001.jpeg



この天才は、歳をとらないんだろうか?

始めてのキーシン生演奏は18年前に初めて訪れたアメリカはボストンで、小沢征爾指揮のボストン交響楽団でチャイコフスキーコンチェルトだった。2回目が先週、アンドリュー・デービス指揮のトロント交響楽団でグリーグのコンチェルト。どちらの公演もピアノに向うキーシンの顔が見える形で右手バルコニーの上方。顔の詳細なんかは遠くて見えませんが、違うのは演奏曲と他のアーティストだけで、彼の見た目もエネルギーも興奮の度合いも18年前と全く一緒だった。(オデコがちと後退したかな?)

「ピアノ食い始めるんじゃないか」っていう勢いの彼が演奏していると、一番大きなコンサートピアノもちぃーちゃく見える。はるか上の席に座っていても、あの音量と、エネルギーと、音楽が高揚するにつれてどんどん大きくなるキーシンヘアも効果的に手伝って、最初の一音から会場総立ちスタンディングオベーションまで、天才の音楽世界にどっぷり浸かることが出来た。

キーシンの音楽は、コンサートホールに「体感」しに行く音楽。正直に言うと、家のステレオでゆっくり聞きたいと思った事はないな。ホールという空間を通して天才の世界をちょっとだけ共有する事が出来る。だからコンサートって楽しい。

彼曰く、生後11ヶ月で言葉を憶えるより先にバッハのフーガを口ずさみ始めたとか。こわ。天才の音楽、また15年後くらいに聞きに行きたい。全く変わっていないことを祈る。



Does this genius ever age? First time I saw him live was in 1996 with the Boston Symphony Orchestra and Seiji Ozawa, playing the Tchaikovsky concerto. Last week I had my second Kissin experience, Grieg's concerto with TSO and Sir Andrew Davis. Just as the first time, my seat was so far up in the nose-bleeds I couldn't make out his face at all. But from where I was at least he looked exactly the same and gave me the exact same feeling of excitement throughout the performance.

For me, Kissin is not to be experienced at home on the stereo – the only place in which to feel the sensation of his performance is live, in the concert hall. There is the massive load of sound pouring from the piano (which looks small with him sitting at it) into my ears, and the visual drama of THE Kissin hair (which keeps growing as the music elevates).

In his own words, he started humming Bach's fugue when he was just 11 months old before he learned how to speak. This genius received a standing ovation at the end of his performance, and I can't wait to go see him a third time (maybe in another 10 years).

Yuzu

Yuzu



トロントシンフォニーの公演後
まだ営業している寿司屋さんはあの辺りだとYuzuのみ。
行ってみようと思っていた竹寿司は閉店が早いのです。残念。

店内もお寿司のスタイルも、現代風・オシャレ系でしたが
お味の程は、これがなかなか良かったのです。
小振りに握られたシャリとネタのバランスが丁度よく、魚も新鮮。
カリフォルニアロール(とって付けた感じでもなく、ちゃんと美味しい)
6個と8巻のお寿司にサラダとみそ汁付きで$21。
別オーダーでしめ鯖、これも脂たっぷりで丸。

セットになっているみそ汁の変わりに+$5で「あさり汁」に変更。
「食後にお願いします」と念を押す。これ大事。
注)日本の皆さん、欧米では寿司屋に行ってセットを頼むと
一番最初にみそ汁だけ出てきたりするんですよ。
日本人経営のところでもちゃんとした「おまかせ」ができるような
気合いの入ったところでないとそうなります。


しかしですね
ちょっと残念、と同時に得したような、変な気分ですが
オーダーしたのは「あさり汁」です。
運ばれてきたのはどうやって見ても「はまぐり汁」だと思うんです、、、
注2)日本で蛤って言うと高級感ありますが
こちらではきっとかなり安く大量に手に入る様で
こうやってみそ汁にゴロゴロと。。。


でも考えてみると蛤とあさりの違い、、、自信なし。
それにしても直径5センチはあったぞ
写真に撮るつもりだったのが、ちょっと酔っぱらっているうちに
気がついたら最後の蛤しかない、、、
ゴロゴロたくさんはいってたんですが。失礼。
蛤、小さく見えますがお椀がとても大きいのです

Yuzu could be the only place you can eat decent SUSHI after 10pm in the entertainment district, which allows music lovers to go see TSO concert and finish the night with sushi. The restaurant interior and the food presentation is rather "modern" which normally I'm not so into, but over all sushi was great, I'm very happy about this finding.

I had a regular sushi plate ($21), side order of Shimesaba (can't go without it), and asari misoshiru (+$5 to substitute with regular miso soup that comes with the plate). Fresh fish, good california roll - which I find it rare when it's included in the set - , well marinated fatty saba and good broth miso soup. I enjoyed them all.

One thing I need to point out: Asari miso shiru, which they describes "asari clam miso soup", I believe it is a misunderstanding. The one they served is definitely what we call "Hamaguri" which is a regular clam. Asari is much smaller. I think there is a big difference in flavor they give into the broth. (was busy drinking, I only got to shoot at the end with one clam left... there were at least 10 huge clams in it) Anyways, it still was great though...





追伸:オープン初日の金とんらーめん。ほとぼりが冷めた頃行く事にしたので今日は通りかかってみただけなんですが。並んでますね。盛り上がってますね。ぐふふぅ。

p.s. I walked by Kinton Ramen on their grand opening day on last friday. The line was so long! I'm gonna give about a week to go try myself... so excited...





Okonomi House on Urbanspoon

Burger update/バーガー便り

BQM Burgershoppe - Riverside:






満足。クイーンウェストのBQMとは全く違って美味しいです。チーズバーガーに"the works"というトッピングでいきました。柔らかいパンとパテ、トッピングのバランス良し、太めで色の濃いフライも見た目よりカリッとしています。欲をいえば、バンが少々大きすぎてパテとのバランスがいまいち。エクストラでお肉を大きくする事も出来るようですが、そんなに大食いする気もないしなぁ。基本的に、私はガッチリかつジューシーなバーガーに細めのフライが一番好きです。ここのはどちらかというとBurger's Priestの食感に似たやわらかバーガーですが、全体的には美味しかったのでまた行きます。座布団2枚。

I had a cheese burger with "the works" topping. Fluffy buns with juicy and soft patty, fresh veggies with brownish thick yet crispy fries. In general, I am a fan of "juicy but sturdy" burgers with thin fries... This one is rather close to Burger's priest style. Still, I enjoyed the whole package a lot (totally different from BQM diner on queen west) and probably will go back. 2 Zabtons.



W Burger Bar:


おしいなあ、バンもフライもトッピングのバランスも良かったんだけどお肉が味気ない。残念。しっかりバーガーに細目フライで嬉しかったんですが。お洒落でかっこよく流行ってる風な、お店のテーマも残念ながら苦手。座布団なし。

Very close to being good... buns, toppings, fries are good but the meet patty is lacking moisture and almost tasteless. Also the restaurant theme is too much of a neat and hip ambiance for me. No Zabutons.



Fill Station:




FA CUP ファイナルを見に近所のスポーツバーへ。全く期待せずオーダーしたテックスメックスバーガーが当たり!(テックスメックスとは) 昼間ビールとサッカー観戦が手伝ってもっと美味しく感じたかな。おばちゃんおすすめの手作りフライは、ぐっちゃりしっとりの残念賞。ビーチズエリアのバーででサッカー見たくなったらまたここに来よう。座布団一枚。

The tex-mex burger was awesome! Homemade fries were very soggy though, too bad. However, this could be the go-to sports bar in the hood for my soccer season. 1 Zabuton.



追伸:
昨日久しぶりににケーブルテレビ契約をしたので
バー観戦はないかもしれない。
某カナダ大手R社で、月づき税金込み$54。って高いんだろうか、安いんだろうか?
うちがテレビ契約をするのはユーロカップ、ワールドカップ、オリンピックの年のみ。

P.s.
Just signed up for cable TV so might not visit fill station for awhile. The plan comes with basic channels+GOL TV+HD PVR+tax+$50rebate = $54.20/mo. This is my first time signing up for a cable in Canada... is this deal cheap or expensive?? My house only pays for cable tv exclusively around the time of Euro Cup, World Cup, and Olympic...

晴天




どうも私という生き物は
コンピューターと仲良く出来ないように作られているらしく
パソコン上でプロジェクトをやるとなると機嫌が悪くなるし
そこまで長時間タイプしているわけでもないのに
指だの肩だの痛くなるし(これは真剣に悩みの種)
これだけ生活の中に深〜く浸透してしまったパソコン
嫌いだ、と言ったところでどうにもならないしな。

という訳で、逃避行動に走ると上の写真の様な事になります
赤ピーマンスープとオープンサンド。
左がマヨネーズ&プロシュート
右はドライトマトペーストとGruyereチーズ
(日本語でなんだろう?ぐるいやちーず?スイスのチーズです)
トロントは今週最高のお天気なので、外で食べます。
で、その上にのってるのは、、、

自家製ルッコラ!
種から育てたんだコラっ!
(すいません、、、韻を踏んでみました)

庭にポロポロと種を撒いておいてみたら
育つ育つ、、、
水やってるだけでワサワサと茂ってくれます。
必要になったらチギリに庭へ出る。
ささやかな贅沢。

おおっっ/ WOW

なんとぉっっっ
トロント本格ラーメン一号店なるかっっっ?!
金とんらーめん
5月18日オープンですと。
この人生、開店日に行くとかセールに走るとかやったことないんですが。
やっちゃおうかな、、、
美味しいお店でありますように。なむなむ。

WOWWWW! Guess what I read in a local Japanese free paper. Kinton Ramen. Opening on the 18th this month. EXCITED. I really hope it's a good one.


それはそうと
オクラが好きです。
そして最近この食べ方が一番好きです。
ちょっと高級目の醤油でやるのが気分いいのです。
この時期よくお世話になります。あ〜しあわせ。

いまさらなんぞ、のレシピですが
外人にも優しいブログを目指して記します。



By the way, Okra is one of my favorite vegetable. In the spring to summer season, whenever I see it, I buy them and make this:

Roll the Okra on a cutting board with sprinkle of salt, boil them for 1min. cut them thin in star shape. Then mix with:
diced tomatoes
sesame seeds
sesame oil
bonito flake
soy sauce (good one, if possible. I like this one on the pic)
1 pack of NATTO
(don't throw away the mustard and a sauce!, they go in too)

Mix it good till it's foamy and slimy. Throw them on a rice bowl. Put a juicy sunnyside egg on top to make it SUPER OKRA DON. (friend me if you want a exact quantity...)




ちなみに
この醤油、カナダで手に入る中では好きなんですが
日本食品のラベルに書いてある売り文句って時々おもしろい。

超特選の、はどこから来たんだろうか
特選、じゃいけない理由がある訳ですよきっと。

社長「もっと高級そうに、一生懸命さを伝えるパッケージじゃなきゃっ」
デザイン担当「特選、、、いや、超特選はどうでしょう!!」
社長「、、、、、、よし」


さ、アホなこと考えてないで仕事するかね。


ブログランキング・にほんブログ村へ

Okonomi House Restaurant

Okonomi House Restaurant
IMAG0231.jpg


素晴らしく美味しいわけでも
何かが特別なわけでもないんですが
「いいんです、うちは長年これでやってるんです」風の
頑固な感じのこういうお店は好きです。
(頑固な、は勝手な憶測。長年やってるかどうかも、、、)

鉄板で焦げた油の匂いに学生時代を思い出す
上野にこういう感じのハンバーグ屋があった
ビルの半地下にあって床まで油っこいあのお店
今考えると全く行く気がしないけど
あの頃はいつ行っても学生でいっぱいだったなぁ、、、

50セント別オーダーのおかかと青海苔を忘れずに。
また食べにいくかは、、、近所にいて小腹が空いたら行くかな?
懐かしさに座布団一枚。


No idea how old this place is and maybe they are nice and friendly people, but "I don't care what you say, this is how we do things here and how it's been" was my impression which I like, and it reminds me of college time. There was a hanba-gu place near by the Ueno station which had the same attitude and same teppanyaki smell, it was always packed with student. I would never go that oily-floor basement restaurant now, but somehow that was the thing to do back then.

I feel like I can make better ones at home, but it's good for a quick bite if you are in the area. Don't forget the side order of bonito flakes and seaweed powder.


IMAG0233.jpg


Okonomi House on Urbanspoon

Ceili Cottage

レズリービルにある、アイリッシュパブ、Ceili Cottage
オイスターシャックワールドチャンピオンのお店です。
なんだそれは、というとですね

牡蠣開け職人世界一です。
(まだあまりピンとこない、、、?)

とにかくも、ここはですね、
個人的にトロントで一番好きなお店かもしれません。
頑固そうな店構え、こだわりのビールセレクション
無骨な感じの料理は何を頼んでもうまい。
愛想のなさそうな店員さんはみんな話すと気さく。
そうそう、「美味しい」より「ウマイ」が似合う。
常連になりたくなる店。座布団5枚。

いつ訪れても大繁盛で、プライムタイムを外して行っても入れなかったり
なのでナイショにしておきたいくらい好きですが
美味しい物はシェアしないとね。
夏場は外エリアにテーブルが出てビアガーデンみたいになるので
比較的待たなくてすむようです

IMAG0523.jpg
Lobster bisque
ロブスタースープ

IMAG0524.jpg
Bacon, bison, and quail egg terrine
バイソンとうずらのテリーヌ、ベーコン巻き。

IMAG0084.jpg
Lamb Shank, it's amazing.
ハイジのお肉みたいな、どでかい骨付きラム。うまいっっ

IMAG0085.jpg
Pork Belly
豚の蒸し焼き。

注)一晩で全部食べた訳ではありません。前半2枚は最近の外テーブルで”今日のスペシャル”。後半はまだ寒かった頃、定番メニューから2品。

I like this place A LOT. An Irish pub in Leslieville, owned by the oyster shucking champion. 5 Zabutons for this unpretentious and earthy bar with solid food and great beer selection. Reminds me of my favorite bar in Amsterdam, De Zotte. It's always packed with people, but in spring and summer it gets easier to get a table with the outside beer-garden-like area. I had "today's special" bisque and terrine on last visit, it was a real good time meal.

India - vol. 3


Mcdonalds in India. SPICE has to go with everything.

インドにかかるとマクドナルドもこうなります。
(食べなかったんだけど、試してみれば良かったと後悔)
インド人の味覚って、「素材の味を楽しむ」とかキビシイだろうな。
湯豆腐とか。
ふろふき大根とか。
わけわからんだろうな、きっと。

IMAG0378_2.jpg
Spice on sale, on a dusty street.

スパイス屋さん。ホコリまみれの道ばたで。


IMAG0379.jpg
Kurfi, it's like a yogurt ice candy, hidden in these small holes.

ヨーグルトアイスキャンディみたいな、クルフィ。
小さな穴の中に入ってて引き抜く。おみくじみたいでかわいい。


Cow, camel, goat, pig, donkey, cars, bike... everything goes on the street.

牛もヤギも豚もロバもラクダも犬も車も人も自転車も。
いっぺんに道を走るのですよ。
サルも沿道で大騒ぎだし。
そりゃもう毎日が動物園の宴会状態。


Crazy place. Everything is in a huge chaos but somehow beautiful. I am in love with this country. One week was way too short, someday I want to go back for over a month.

不思議な国です。
ぐっちゃぐちゃのごっちゃごちゃで、汚いし臭いし、お腹はグルグルだし、どこに行ってもホコリまみれで、ホテルの蛇口から出る水は黄色かったりするんだけど、、、
それでも、なぜか美しい。
全てを包み込む不思議なエネルギーに満ちてる。
すっかり虜になった私。
次回があったら、きっともっと長くいよう。


あ〜 寿司食べたいっっっ!

OK, I am ready for some sushi now.

India - vol. 2

インド、一週間は短いっ。
あと2ヶ月くらいはいたかったなあ〜

一日目報告の後、仕事が忙しくなってしまって前半はアップできず。
(あ、一応、食いまくってただけではないのです)
とにかく一週間、毎食インド料理。
頑丈だと思っていた胃腸もこれにはかなり驚いてました。
美味しい物ばかりでどれから話をしようか。。。とりあえずはハイライトから。

Within this dreamy one week (too short!!), I've got too many yummie stories to talk about, but let's start with the highlights.



友人の奥さん、トリプティの手作りディナー。
右のミントチャツネから順に(チャツネ:薬味みたいなもんかな)、ダル(小さな豆のカレー)、トマトチャツネ(甘いの)、小魚のフライ、生オニオンとキュウリ(生でばりばり食べる。そりゃみんな口臭いわ)、オクラのサブジ(炒め物)、ディムポスト(下記参照)

今までの人生で食べたインド料理の中で一番美味でした。
彼女の料理はスパイスや塩加減のバランスがセンス良い。
無制限座布団賞をあげたい。(いらないか)
Dim Postoという郵便局みたいな名前のポピーシードと玉子の料理を習う。
材料さえ揃えば、以外に簡単にできる事が判明。

Best Indian meal by far I've ever had, was all-handmade from scratch dinner by my friend's lovely wife, Tripti. She cooks everything with just the right touch of spice and salt, very sensitive. Clockwise from green mint-chutney on the right, Dal, tomato chutney, fried tiny fish, raw red onion and cucumbers, Okura sabzi, Dim Posto (see below, she showed me how to make it. not too complicated as long as you have the right stuff: eggs, poppy seed paste, mustard powder, turmeric, etc...).







Thali(タリー)とは、セットのことを言います。これはランチセット。右上のミントチャツネから(大好きで、何にでもかけてた)野菜カレー、クミンライス、白身魚のタンドリー(タンドリーとは一般に釜焼きの料理)マトンカレー、ダール(豆カレー、これはほとんどのちゃんとした食事の時には必ず皆が頼んでた。みそ汁みたいなもんか?)ロティ(ナンは釜焼き、ロティはフライパン焼き。たぶん)

Thali: tasting set at a hotel restaurant. Again from Mint chutney (I love putting this on everything), veg curry, cumin rice, fish tandori, mutton curry, dal, and roti. They ordered Dal almost every meal. Maybe that's something like miso soup...?




市場で一息、フレッシュマンゴーラッシ。ラシ?ラッシー?
Lassi(日本語表記はなんだろう?)
20円。その場で作ってくれる。
暑さ40度のなか歩き回った後のこれがまたうまいっっっ
しかし、こういう市場ものに普通にチャレンジしてればそりゃそうだ。
おなかぐーるぐるは仕方なし。

Fresh Mango Lassi at a local market. 20cents. Lovely and refreshing after walking around in 100 degree. I kept eating off local markets, this is the reason how my tummy was having Indain party for a while...




インド記、続く。
To be continued.