Evgeny Kissin

久しぶりに音の話題を。

ct-ent-0424-kissin-review-20120423-001.jpeg



この天才は、歳をとらないんだろうか?

始めてのキーシン生演奏は18年前に初めて訪れたアメリカはボストンで、小沢征爾指揮のボストン交響楽団でチャイコフスキーコンチェルトだった。2回目が先週、アンドリュー・デービス指揮のトロント交響楽団でグリーグのコンチェルト。どちらの公演もピアノに向うキーシンの顔が見える形で右手バルコニーの上方。顔の詳細なんかは遠くて見えませんが、違うのは演奏曲と他のアーティストだけで、彼の見た目もエネルギーも興奮の度合いも18年前と全く一緒だった。(オデコがちと後退したかな?)

「ピアノ食い始めるんじゃないか」っていう勢いの彼が演奏していると、一番大きなコンサートピアノもちぃーちゃく見える。はるか上の席に座っていても、あの音量と、エネルギーと、音楽が高揚するにつれてどんどん大きくなるキーシンヘアも効果的に手伝って、最初の一音から会場総立ちスタンディングオベーションまで、天才の音楽世界にどっぷり浸かることが出来た。

キーシンの音楽は、コンサートホールに「体感」しに行く音楽。正直に言うと、家のステレオでゆっくり聞きたいと思った事はないな。ホールという空間を通して天才の世界をちょっとだけ共有する事が出来る。だからコンサートって楽しい。

彼曰く、生後11ヶ月で言葉を憶えるより先にバッハのフーガを口ずさみ始めたとか。こわ。天才の音楽、また15年後くらいに聞きに行きたい。全く変わっていないことを祈る。



Does this genius ever age? First time I saw him live was in 1996 with the Boston Symphony Orchestra and Seiji Ozawa, playing the Tchaikovsky concerto. Last week I had my second Kissin experience, Grieg's concerto with TSO and Sir Andrew Davis. Just as the first time, my seat was so far up in the nose-bleeds I couldn't make out his face at all. But from where I was at least he looked exactly the same and gave me the exact same feeling of excitement throughout the performance.

For me, Kissin is not to be experienced at home on the stereo – the only place in which to feel the sensation of his performance is live, in the concert hall. There is the massive load of sound pouring from the piano (which looks small with him sitting at it) into my ears, and the visual drama of THE Kissin hair (which keeps growing as the music elevates).

In his own words, he started humming Bach's fugue when he was just 11 months old before he learned how to speak. This genius received a standing ovation at the end of his performance, and I can't wait to go see him a third time (maybe in another 10 years).

Post a comment

Private comment