Tristan und Isolde

tristan

久しぶりに音楽の話題を。

ワーグナーの5時間オペラ、Canadian Opera Company による
トリスタンとイゾルデを観て来ました。
これだけ長いオペラ、自主的に進んで観には行かないとことろ、
たまたま縁があってドレスリハーサル観賞の機会があったので挑戦。

中世の宮廷詩人によって語り継がれた物語を基に
ワーグナー自身がシナリオと音楽を書いた大作。
誤って媚薬を飲んでしまった二人が禁断の恋に落ち
激しい情愛と三角関係の果て、愛の為に命を失うトリスタン
という超オペラちっくな悲恋の物語、、、
を5時間にわたってやるわけです。

乗り切れるかどうか、途中で寝出すんじゃないか
とかなり自信がなかったんですが
5時間後、鳥肌と感動に包まれて会場を後にしました。
素晴らしいプロダクションです。

ワーグナーと言えば、大掛かりでドラマティックな
壮大なるステージ演出が知られていますが
今回のスターオペラ演出家 Peter Seller 氏の繰り広げる舞台は
巨大スクリーンに映し出されるミニマルな映像、
全て黒に覆われたシンプルな平台、
黒を基調にしたその辺で買えそうな普通服の衣装。
のみ、それだけ!

現代的、ミニマル、極シンプルな舞台と
ワーグナーの壮大な音楽がしばらくはマッチせず
不思議なバランスに慣れるのに時間がかかりましたが
2幕後半辺りからはだんだん彼の世界観が自然と浸透して
緩やかな物語のスピードは5時間をかけてゆっくりと
しかし確実に増して行く緊張感と高揚感と共に
恍惚境に入るかの様なフィナーレへと導かれていきます。

あえてシンプルなステージングと、絶妙な全体のスピード配分が
観客一人一人の心の内側に語りかけていくようで
新しい種類の感動を味わえました。

ワーグナー音楽の良さが解らなかったらどうしよう、、、
などと心配しながらの観賞でしたが、感動出来て良かった。

各主要新聞のレビューも褒めちぎり、話題になってます。
あと5公演、おすすめです。
座布団5枚。



TristaIsolde



Post a comment

Private comment