Leslieville Pumps

Leslieville Pumps



かわいいお店発見。
レスリービルにあるガススタなんですが
中は昔風のデリみたいになってて
カウンターで軽食をオーダー出来ます。
ここの朝ご飯サンドイッチ、ボリュームがすごいけど
食べ甲斐あり、ハムも美味しくてパンも食感よし。

写真左上はコーンフリット。(小さなコーン揚げパンみたい)
奥は見にくいですが、ベジ殿のグリルドチーズ。
しかしどれも重ためなので
がっつり朝食の気分でないと行けないかな。

leslieville pumps1

メニューはこちら

l-1.jpg

さて、妊婦報告ですが、予定日まで残すところ8日となりました
「お腹小さいねえ」と何人もの人から言われるんですが
私にとっては、「巨大」としか言いようの無いお腹を抱えて
普通に運転したり、買い物したり、散歩したり
ついでにNY州だった運転免許をOntario州に変えたり
今のうちに、と外食デートしたり、ヘアサロン行ったり
など、毎日何かと動いてます。
しかし何をするにも2倍時間がかかります。
妊婦さんってペンギンみたいで可愛いよな〜
って思ってたけど、あれって可愛いとかの話じゃないのね
足はむくむくだし、早く歩くとお腹が張るし、、、
臨月に入るとヒョコヒョコとしか歩けない訳です。
それでも、妊婦生活は笑えるポイント満載でなかなか楽しいものです

それはそうと最近「アメリカで出産が世界一高い」
という記事がNew York Timesで取りあげられてました
月々保険を払っている人でも、(月々300$/3万円くらいとかからピンキリ)
最低の自己負担費用は$3500から。
エコー検査してもらって請求が$900とか。
無痛分娩を希望すると$750とか。
うわぁぁ、、、
私は本当に良く出来たタイミングでカナダに越して来たようです。

カナダでは国民健康保険で出産費用は全額カバーです。
(水中分娩とか、特別なケアを希望すれば別途、のはず)
それには助産婦さんのケアも含まれていて
今までに払ったのはプレママ・パパクラスに$200
あとは必要な処方箋をだしてもらっても$6とか。
天国の様な話だ。

日本は3割負担ですが
ヤクザみたいな保険制度のアメリカが長かったので
カナダ医療にお世話になる度ひたすら感激の毎日。
カナダさまさま、ありがたや。

Post a comment

Private comment